感動!!監督の名言は負けた後に生まれます!!~2018年甲子園夏~

劇的な幕切れとなった試合、2018年夏の甲子園2回戦星稜高校対済美高校。サヨナラ負けをした星稜高校の林監督が、選手達にかけた言葉が名言で感動でした。指導者の本質がここにあります。どんな想いを、どんな言の葉に乗せたら選手達に伝わるのか。必見です!

高校野球の監督が速攻で効果を出すメンタルトレーニングの方法とは?

高校野球で結果を出す監督は、色々な学びをしています。「強制的な指導」から「寄り添う指導」へ、そして「技術指導」だけではなく「メンタル指導」の導入。今年の夏、学びを即実践して結果を出した監督が行った、メンタルトレーニングの方法をお伝えします。

発見!心技体の意味は子どもの遊びに隠されていた!!

夢を叶えるためには心技体が大切。誰もが思っていますよね。実はその心技体のつくり方の意味が、子どもの遊びに隠されていたんです!遊びに夢中になることこそが、夢を叶える力を自然と身につけていた。現在の子どもたちの厳しい状況や、大人はどうすればよいのかをわかりやすくまとめてみました!

高校の部活指導で大切なことは?顧問として選手に何を伝えるか

高校3年間の部活動は、選手にとっても顧問の先生にとっても集大成。「本当に続けて良かった!」と選手が思える指導、これが大切ですよね。そのためには何を伝えるべきなのか。全くの無名校を甲子園に導いた先生の教えから学んだことも織り交ぜながらお伝えします!

顧問の指導は何が大切?部活を辞めたい子どもの2つの理由!

顧問の指導、言葉の掛け方はとても大切。たった一言でも多感な年頃の子どもたちは大きく傷つき、部活を辞めたいと思ってしまうかもしれません。今は大人の世界でも許されない体罰と暴言。この2つをなくしながらどのように指導していけば良いのかを考えてみましょう!